月別アーカイブ: 2017年3月

卒乳後に乳首の黒ずみが解消しない…どう対策すればいい?

乳首の黒ずみが卒乳後も戻らない理由

妊娠中は乳首が黒く変色する女性は多いです。これは一説によると、乳首を赤ちゃんが認識しやすくするためだといわれています。通常で乳首の黒ずみは卒乳すると、元の色合いに戻るはずです。ところが中には卒乳しているのに、黒ずみがなかなか解消されないという悩みもしばしば聞かれます。その理由としていくつか候補があって、まずはホルモンバランスの変化です。ホルモンバランスが妊娠中は変化するのですが、これがなかなか解消されないことでメラニン色素が通常時よりも活発に分泌されるので黒いままという可能性があります。また母乳で主に育ててきたのであれば、乳首が黒くなりやすいです。これは赤ちゃんが頻繁に乳首に吸い付きますので、それが摩擦になってメラニン色素の分泌を引き起こします。乳首がこすれて傷つくと、これを修復するためにメラニン色素が分泌されます。主に母乳で育てると、乳首に赤ちゃんが吸い付く頻度も多くなるので黒くなりやすいです。そのほかにも赤ちゃんの吸い付く力が強いと、摩擦が強くなって乳首が黒ずみやすくなります。

乳首の黒ずみ対策を卒乳後行うには?

もし卒乳した後で乳首の黒ずみ対策をしたければ、やはり美白クリームを使用するのがおすすめでしょう。石鹸やボディソープの中には、体のあらゆる個所の黒ずみを解消できるような商品もあります。しかし石鹸やボディソープの場合、肌の表面の黒ずみだけを解消するのにとどまります。ですから肌の奥深くにあるメラニン色素を取り除くのには向いていません。美白クリームの中には、肌の奥深くまで浸透できるような成分の配合されている商品もあります。美白クリームを乳首に塗るだけでケアできるので、それほど時間もかからないでしょう。卒乳したくらいの赤ちゃんのいる女性は、子供の面倒を見るのにつきっきりになりがちです。そして空き時間を利用して料理などのほかの家事をこなしていかなくてはならないので、丁寧に乳首ケアをする時間は確保できないでしょう。クリームを塗る程度であれば、1日数分のケアでいいので手軽にできるはずです。

卒乳後の乳首の黒ずみ対策でおすすめの商品は?

乳首の黒ずみに効果の期待できる美白クリームはいろいろと販売されています。その中でもおすすめの商品として、ピューレパールがあります。乳首の黒ずみの美白クリームのランキングを記載しているサイトもいくつかありますが、その中でも1位を獲得することもしばしばで人気の高い商品であることがお分かりになるでしょう。口コミでの評価も上々で、乳首の黒ずみケアの中では知名度も高いので安心して使用できるでしょう。美白クリームに興味があるけれども、敏感肌で市販のクリームを使うと肌トラブルが起きるという女性もいるでしょう。ピューレパールは、添加物を一切配合していないので肌質の弱い人でも安心して使用できます。合成香料や着色料、シリコン、石油系の界面活性剤、紫外線吸収剤のような肌に負担をかける成分は一切含まれていません。ピューレパールはどんなに真っ黒な乳首でも口コミの意見を参考にすると、1か月程度継続して使用すればだいぶ薄くなるといいますから使ってみる価値はあるでしょう。ピューレパールは市販されていないので、公式サイトなどで注文して購入する形になるでしょう。乳首以外にもわきの下やデリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できるといわれていますので、悩んでいる人は使ってみませんか?

乳首の黒ずみが起きるのはなぜ?主な3つの原因を一挙紹介

乳首の黒ずみが起きる原因・加齢によるもの

乳首の黒ずみに悩んでいる人もいるでしょうが、そもそもなぜ乳首が黒くなってしまうのか疑問という人もいるでしょう。乳首の黒くなる原因ですが、主に3つの要因が考えられます。まずは加齢によるものです。乳首の黒ずみのメカニズムですが、日焼けのときに発生するメラニン色素です。メラニン色素は普通肌のターンオーバーによって、徐々に薄くなっていきます。ところが年齢を重ねていくと、どうしても老化が起こります。すると先ほど紹介した肌のターンオーバーも低下してしまいます。このため、メラニン色素が乳首に現れると、なかなか薄くならずにその状態で定着してしまう恐れもあります。このため、年齢を重ねれば重ねるほど、乳首の黒い人が増えてしまうのです。肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、肌トラブルがなかなか消えなくなります。年齢が上に行けば行くほど、しわやたるみ、シミなどが目立ちやすくなります。これも乳首の黒ずみと一緒で、肌のターンオーバーの低下していることが密接に関係しています。ちなみに高齢になると、今度は乳首がピンク色になる人も多いです。これはメラニン色素を生成する能力が老化のせいでダウンしていることが関係しています。メラニン色素ができないので、ピンク色、肌と境界線がわからなくなるほど乳首の色が薄くなります。

乳首の黒ずみが起きる原因・先天的なもの

年齢を重ねれば乳首が黒くなるといいましたが、中にはまだ若いのに乳首が黒くてコンプレックスになっている人もいるでしょう。実際10代や20代でも乳首が黒ずんでいる人もいます。これは先天的な問題かもしれません。肌の色は個人差があります。乳首が生まれつき黒いというのであれば、メラニン色素の分泌しやすい、メラニン色素の量が多いかもしれません。乳首が生まれつき黒ければ、そのような遺伝子を受け継いでいる可能性が高いです。例えば自分の母親の乳首を思い起こしてみましょう。もし母親の乳首も黒ずんでいるのであれば、自分もその遺伝を受け継いでいることが原因と考えられます。

乳首の黒ずみが起きる原因・摩擦によるもの

先天的な事情で、乳首が黒い人が上で紹介したようにいます。しかし一方で、後天的な事情で乳首の黒ずむケースも少なからず存在します。乳首が黒ずむのは先ほども紹介したように、メラニン色素の過剰な分泌にあります。メラニン色素が分泌されるのは、体を守るためです。そのきっかけとして何らかの刺激を受けた場合が多いです。特に多いのが摩擦です。下着などが常に乳首にこすれることで、刺激を受けた私たちの身体が肌を守るためにメラニン色素が分泌されます。もし下着のサイズが自分のバストにあっていないのであれば、見直したほうがいいでしょう。小さすぎるのはもちろんのこと、大きすぎるのもダメです。大きすぎるとブカブカで、ブラジャーの中で乳首がいろいろと動きやすくなります。すると下着とこすれるので、黒ずみやすくなります。男性の間でよく「乳首が黒いのは遊び人の証拠」といわれることがあります。これは決して正しくないのですが、男性経験が豊富だと乳首に摩擦の加わる機会も多くなるので黒ずむのではないかというわけです。また妊婦さんは乳首が黒ずみやすくなります。これは一説によると、赤ちゃんがおっぱいを吸うときにどこに吸い口があるか確認しやすくするためだといわれています。

乳首の黒ずみに効果の期待できる石鹼は薬局で購入できる?

乳首の黒ずみ対策の石鹸が薬局であまり販売されていない

乳首の黒ずみ対策のできるアイテムはいろいろと販売されています。その中でも多いのが美白クリームと石鹸です。石鹸もインターネットで検索にかけてみると、いろいろな商品がヒットするでしょう。たくさん商品が販売されている半面、薬局ではなかなか販売されていなくて、通販のみの取り扱いというものが多いです。まずお客さん側の事情があるでしょう。乳首の黒ずみに効果のある石鹸を薬局で購入するのは、なかなか勇気のいることでしょう。店員さんに聞くのも恥ずかしいでしょうし、商品を持ってレジに行くのも精神的な負担が大きいでしょう。特にレジ前に行列ができていると、周囲の視線が気になって仕方がないかもしれません。また乳首の黒ずみ対策の石鹸は、それほどメジャーな需要はないでしょう。ニッチな商品ですから、大々的に販売を展開しても収支が取れない恐れもあります。そこで宣伝費など極力抑えて、効率的に収益が出るためには通販で店舗を持たず、メンテナンスコストを極力カットするのが効果的です。そのような店側の事情もあって、通販で販売しているのが主流なのです。

薬局で購入できるおすすめ乳首の黒ずみ対策石鹸・プラチナムラブソープ

では全く乳首の黒ずみ対策の石鹸が薬局で販売されていないかというと、決してそうではないです。少ないながらも販売されているので、チェックしてみましょう。例えば、プラチナムラブソープは薬局で取り扱っている可能性は高いです。プラチナムラブソープという名称の通りでこの石鹸には、プラチナが配合されています。プラチナというとアクセサリーで使われるジュエリーのようなイメージがあるかもしれませんが、実は肌にも高い効果があって、肌のコンディションを正常化する働きがあるといわれています。しかも悪臭を除去する効果もありますので、乳首の黒ずみのほかにもデリケートゾーンの気になる臭いを解消することも可能です。口コミサイトでもしばしば紹介されていて、「プラチナムラブソープを使った結果、乳首の黒ずみが気にならなくなった」という意見もしばしば見られます。プラチナムラブソープにはプラチナのほかにもヒアルロン酸やプラセンタなどの美白効果の期待できる成分も含まれているのもおすすめポイントの一つです。

薬局で購入できるおすすめ乳首の黒ずみ対策石鹸・ヴィーナスラボ 薬用ハーブナノソープ

ヴィーナスラボ 薬用ハーブナノソープも薬局でしばしば取り扱っている石鹸です。乳首の黒ずみを解消する石鹸ですが、乳首やデリケートゾーンなど限られた個所に使用するものが多いです。しかしヴィーナスラボ 薬用ハーブナノソープの場合、全身に使用できるので乳首の黒ずみ対策初心者の方には今まで通りの使い方なので、あまり戸惑うこともないでしょう。乳首の黒ずみにはジャムウというインドネシアの天然由来の成分に効果があるといわれています。このジャムウがヴィーナスラボ 薬用ハーブナノソープには配合されています。その他にもイソプロピルメチルフェノールやカキタンニンなどの成分があって、臭いを分解する効果も期待できます。さらに天然のアロマオイルも配合されているので、お風呂でこの石鹸を使用することでアロマテラピーを受けているような、リラクゼーション効果もあるといわれています。このように薬局で取り扱っている乳首の黒ずみ対策石鹸もありますので、気になる人は近所の薬局・ドラッグストアでチェックしてみるといいでしょう。

乳首の黒ずみに効果のある石鹸はあるの?おすすめをランキングで紹介

乳首の黒ずみ石鹸ランキング1位・ジャムウハーバルソープ

乳首の黒ずみに対して効果の期待できる石けんはいくつか販売されています。その中でも高い人気を誇り、ランキングでもしばしば上位に登場するのが、ジャムウハーバルソープです。発売されてからかなりの月日が経過しましたが、いまでも安定した人気のあるロングセラー商品です。口コミサイトを見てみても、実に1000件を超える意見が投稿されています。デリケートゾーンや乳首などの黒ずみに対処できる石けんであるだけでなく、臭い対策の石鹸ともいわれています。デリケートゾーンの臭いなどを気にしている女性も多いでしょうが、その悩みもジャムウハーバルソープを使えば一気に解消できる可能性も高いです。ジャムウハーバルソープの使い方は簡単です。いつも市販の石鹸を使って体を洗うのと同じような要領で、乳首など気になるところを洗浄するだけです。泡立てネットを使えば、簡単に泡を作り出すことも可能です。乳首の黒ずみ対策をするのなら、石鹸の泡を乳首に乗せてしばらくそのままの状態で放置するのがおすすめです。だいたい3分くらいパックするような感覚で洗浄すると、きれいになるかもしれません。

乳首の黒ずみ石鹸ランキング2位・ロンタル ハーバル ジェルソープ

乳首の黒ずみ対策では、ジャムウの石鹸がおすすめといわれています。ジャムウの石鹸はいくつか販売されていますが、その中でもここで紹介するロンタル ハーバル ジェルソープは珍しいジェルタイプの石鹸です。固形石鹸の場合、キメの細かい泡を作るまでに時間がかかるものもあるかもしれません。しかしロンタル ハーバル ジェルソープはジェルタイプなので、簡単にキメの細かいモコモコの泡が作れるのが魅力です。肌質のあまり良くない人は添加物を使ったボディケア商品だと、肌トラブルが発生しやすいでしょう。しかしロンタル ハーバル ジェルソープの場合、合成香料やパラベン、タール系色素、硫酸系界面活性剤を一切使用していないのがメリットです。ですから肌の弱い人でも安心して使用できます。赤ちゃんでも問題なく使用できる石けんといわれるだけあって、安全性は極めて高いでしょう。

乳首の黒ずみ石鹸ランキング3位・東京ラブソープ

東京ラブソープはテレビや雑誌で紹介される機会も多いので、商品名を聞いたことがあるという人もいるでしょう。ラブソープシリーズという人気の石鹸で、その中でも東京ラブソープは乳首の黒ずみ対策に効果の期待できる商品です。泡立ちが優れていて、さっぱりとした使い心地なので毎日使用できると口コミサイトで高く評価されています。ほかの石鹸と比較しても、価格は2000円弱でリーズナブルな価格で販売されています。気軽にお試し感覚で使用できるのもおすすめの理由です。乳首の黒ずみ対策だけでなく、美肌成分もいろいろと配合されています。ですから乳首をピンク色にするだけでなく、全体的に美しく変身したければおすすめです。天然由来の成分だけで構成されていて、アルコールなどの肌にとって負担のかかる成分は一切配合されていません。ですからどのような人でも安心して使用できるでしょう。女性のホルモンバランスは微妙です。ちょっと崩れるだけでも乳首の黒ずみなどを引き起こす恐れもあります。東京ラブソープは女性のホルモンバランスを考えて作られています。優しくケアしてくれるので高い効果が期待できますし、著名なセレブの間で人気が高いのもその高い効果の根拠となっています。

乳首の黒ずみを石鹸を使って解消することは果たして可能?

乳首の黒ずみを石鹸で解消できるか?

乳首の黒ずみに悩んでいる人もいるでしょう。乳首の黒ずみを解消するためのアイテムはいろいろと出ています。その中には石鹸も販売されていて、口コミサイトなどでもしばしば取り上げられています。乳首の黒ずみはそもそも、メラニン色素が過剰に分泌されるからです。メラニン色素がそのまま残ってしまって、しかも肌のターンオーバーがうまく機能しなくなると、黒く変色した肌がなかなか脱落しにくくなって、黒ずみという形で定着してしまいます。乳首が黒ずんでいるのであれば、肌のターンオーバーを促してメラニン色素の含まれる肌をどんどん脱落させることが大事です。今販売されている石鹸の中には、肌のターンオーバーを促せるような商品もあります。もし自分で乳首の黒ずみを何とかしたいと思っているのであれば、このような石鹸を使ってみる価値はあります。

乳首の黒ずみ対策の石鹸のポイントとなる成分

では乳首の黒ずみ対策するために、どのような石鹸を選べばいいかですが、一つポイントになる成分があります。それはジャムウと呼ばれるものが原料に使われているかどうかです。ジャムウは日本ではあまり知られていない存在かもしれません。ジャムウとは、インドネシアでは古くから使われている、ハーブや植物の根っこや皮などを原料にして配合したものです。漢方薬のような使われ方を現地で話されているようです。ジャムウには、不要になった古くなった角質を洗い流す働きがあるといわれています。そうすることで肌のターンオーバーを正常に戻して、黒ずんでしまっている角質がなくなっていき、乳首がピンク色になるのではないかといわれています。ジャムウは上で紹介したように、天然由来の成分です。このため、体をやさしくケアしながら黒ずみ対策ができるので肌質の弱い人でも安心して使用できるでしょう。

乳首の黒ずみ対策のための石鹸の使い方

では乳首の黒ずみ対策をするために、美白石鹸を使用する場合、どのような使い方がおすすめでしょうか?美白石鹸を使う際には、乳首パックをするのが推奨されています。まずは石鹸を手もしくは泡立てネットなどを使って、しっかり泡立てましょう。そして、乳首にその泡を乗っけます。このままの状態で、目安として2~3分程度放置します。まさにパックと同じような要領でケアします。そして目安になる時間が経過したら、泡を丁寧に洗い流していきます。ぬるま湯を使って洗い流すと肌にも優しいでしょう。普通の石鹸を使ったケアの方法とは若干異なりますので、初めて実践する場合には注意しましょう。この美白石鹸を使った乳首ケアの方法ですが、即効性はあまり期待できません。継続してケアすることで、徐々に改善してくるでしょう。ただし石鹸の力だけで乳首の黒ずみを解消するのは難しいかもしれません。ほかにも乳首の黒ずみに効果の期待できる美白クリームなども販売されています。このような別のアイテムも使ってケアをしていくと、より高い効果が期待できるでしょう。毎日継続することで、徐々に乳首の黒ずみも解消されるかもしれません。

ドラッグストアで販売されている乳首黒ずみ対策商品は?

ドラッグストアで乳首の黒ずみ対策・ヴァセリン

ドラッグストアは日本全国で営業しているので、自宅の近所にあって日用品やスキンケア商品を購入している人も多いでしょう。ドラッグストアではいろいろな商品を販売していますが、そのなかには乳首の黒ずみに効果の期待できるアイテムもいろいろとあります。その中でもなじみの深いアイテムとして、ヴァセリンがあります。もしかするとスキンケアのために、常日頃から使用している人もいるかもしれません。乳首の黒ずみは、乳首が乾燥していることも原因の一つです。ヴァセリンを手の荒れ防止のために使用している人もいるでしょうが、水分の肌からの蒸発を防ぐ効果があり、潤いを保つ働きがあると言われています。つまりヴァセリンを乳首に塗ることで、潤いのある状態をキープして黒ずみ対策ができるかもしれません。ヴァセリンは一つ当たりだいたい500円前後で販売されているので、気軽に購入できるところもおススメポイントと言えます。手や乳首の他にも、全身の潤いを保つために使用できるので、使い勝手のいいスキンケアアイテムと言えます。

ドラッグストアで乳首の黒ずみ対策・ジャムウクリアナノソープ

お近くのドラッグストアで、ジャムウクリアナノソープという商品が販売されていませんか?ジャムウクリアナノソープとは「ソープ」という名前のついていることからも想像できるでしょうが、せっけんの一種です。しかしいわゆる普通のせっけんではなくて、ワキやデリケートゾーンの臭いやかゆみ、黒ずみを解消する効果が期待できるアイテムです。黒ずみに対して効果が期待できるので、乳首の黒ずみにも使えるでしょう。もし今までこのような美白石鹸を使ったことがないというのであれば、使ってみる価値はありそうです。ふつう石鹸を使って体を洗う場合、ゴシゴシタオルなどを使ってこするでしょう。しかしジャムウクリアナノソープの場合、使い方が通常の石鹸とは若干異なります。乳首などケアしたい場所に泡でパックするようなイメージで使用します。使用方法については、ジャムウクリアナノソープに同梱されている説明書に詳しく記載されています。初めて使用する前に説明書を読んで、書かれている通りの洗い方を実践することです。

ドラッグストアで乳首の黒ずみ対策・ちふれ 美白うるおいジェル

女性であれば「ちふれ」というブランドは耳にしたことがあるという人も多いでしょう。コマーシャルでもしばしば宣伝されていて、スキンケア化粧品として高い知名度を誇ります。ちふれ 美白うるおいジェルはその中の一つです。化粧水や乳液、クリームなど実に6つのスキンケア化粧品を一つにまとめた、いわゆるオールインワンジェルになります。ちふれ 美白うるおいジェルも乳首の黒ずみ対策をするためにおすすめの商品です。なぜ乳首の黒ずみにおすすめなのは、トラネキサム酸を配合しているからです。トラネキサム酸は黒ずみの原因となるメラニン色素の働きを抑制することで黒ずみを解消する美白成分です。またその他にもヒアルロン酸という保湿効果に優れた成分も配合されています。乳首の黒ずみは乾燥にも一因あると言われているので、保湿をすることは将来的な黒ずみを予防するためにもプラスです。もちろん顔のスキンケアをするためにも使えますので、体中のケアをするのに活用したい化粧品と言えます。もしドラッグストアで以上の商品が販売されていれば、一度使ってみる価値はあるでしょう。

乳首の黒ずみを何とかしたい!市販のクリームでも効果がある?

市販クリームで乳首の黒ずみ対策は可能か?

乳首の黒ずみを解消するために、近くのドラッグストアや薬局で販売されているクリームを購入しようと思っている人もいるでしょう。乳首が黒ずんでいると、家族や友達、ましてや彼氏の前で裸になるのに抵抗があるはずです。薬局で販売されている美白クリームの中には、乳首の黒ずみを薄くできるようなものもあります。しかしおそらく「乳首の黒ずみを解消する」といった感じで乳首に特化してクリームが販売されていることは少ないでしょう。そこでわきの下やビキニラインの黒ずみに効果があると書かれているような美白クリームを探してみると良いでしょう。そのほかにはしみやそばかすを解消できると謳っている市販のクリームもチェックすることです。しみやそばかすも乳首の黒ずみも発生するメカニズムは一緒です。メラニン色素が発生することによって生じるからです。このメラニン色素を排出することで解消するという部分では、しみ・そばかすも乳首の黒ずみも一緒です。

乳首の黒ずみ対策は市販のハイドロキノンクリームを

乳首の黒ずみ解消するクリームとしておすすめなのは、ハイドロキノンの配合されているクリームです。ハイドロキノンは皮膚科でも黒ずみやシミを解消するために使われている医薬成分です。医者の処方するハイドロキノンクリームは濃度が高く、副作用の危険性もあります。しかし市販のハイドロキノンは濃度を薄くしているので効果がすぐには現れないかもしれませんが、副作用のリスクが低く一般の方でも安心して使用できます。ハイドロキノンの美白効果は他の美白クリームに配合されている成分と比較して、数十倍の高い美白効果があると言われています。もし乳首の黒ずみをどうにかしたいと思っているのであれば、ハイドロキノンが配合されているかどうか成分表で確認すると良いでしょう。口コミサイトを見てみると、使ってみてだいたい6週間も経過すれば乳首の色が薄くなったと実感できる人が多いようです。中には使い始めて2週間で効果を実感することができたという意見も見られるほどですから、乳首の黒ずみ対策では有効なツールと言えます。

市販ではなく通販の乳首の黒ずみ解消クリームも探してみよう

乳首の黒ずみを解消できると言われているクリームですが、通販サイトで販売されていることも多いです。通販サイトで購入することも検討してみると良いでしょう。中には通販サイトでしか購入できないような美白クリームもあります。通販サイトで購入するメリットとして、リーズナブルな価格で高い効果の期待できる美白クリームを購入できるところです。これは実店舗の場合、店の運営費やスタッフの人件費をねん出するために価格に上乗せしていますが、店舗のない通販の場合余計なコストがかからないので低価格で販売できるからです。また乳首の黒ずみ解消してピンク色にするクリームをドラッグストアや薬局で購入する場合、レジに持っていくのが恥ずかしいと思う人もいるでしょう。どこに置いてあるのかわからない場合、店員に聞くのもはばかられるという人も多いはずです。通販サイトの場合、インターネットから注文しますので実店舗のような恥ずかしさを感じる必要がないです。また自宅に商品が届きますが、梱包されているので宅配便の人に中身が何であるか知られる必要もないので気軽に購入できるでしょう。

乳首の黒ずみを解消できるグッズは薬局で買い求められる?

薬局で販売されているハイドロキノンクリームで乳首の黒ずみ対策

乳首の黒ずみ解消できるようなグッズを近くの薬局で販売されていないかと思っている人も多いでしょう。薬局で取り扱っているクリームの中でも、ハイドロキノンの配合されているクリームは乳首の黒ずみ対策として有効です。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われていることからもわかるように、高い美白効果が期待でき、皮膚科や美容外科クリニックも実際に乳首の黒ずみ治療として処方しているほどです。ただし薬局で販売されているハイドロキノンクリームは、濃度を低くしています。ハイドロキノンは効果が高い半面、副作用のリスクがあるので濃度の高いものはリスキーですが、濃度が低いので素人でもそれほど心配することなく使用できます。美白クリームが近所の薬局で販売されていたら、その成分表を確認しましょう。もしハイドロキノンが配合されているクリームであれば、使い続けることで乳首の黒ずみを徐々に解消できるかもしれません。

薬局で販売されているハイドロキノンを乳首の黒ずみ対策で使用する前に

ハイドロキノンは先ほども紹介したように、他の美白クリームと比較すると圧倒的に高い効果が期待できます。濃度を低くしているので、普通に使用している分には副作用で肌トラブルが起きる心配もないでしょう。ただしそれでも細心の注意を払う必要があります。特に肌質がもともと弱くて、ちょっとした刺激でもすぐに肌トラブルを起こしてしまう人は注意が必要です。もし心配であれば、パッチテストを実施してみましょう。パッチテストの方法は、絆創膏を用意して、そこにハイドロキノンの配合されているクリームを塗ります。そして腕など目立たない所にその絆創膏を貼り付けます。このままの状態で24時間ばかり放置します。そして絆創膏をはがして、その部分の肌に変化がないかチェックします。もし赤みやかゆみが出ているのであれば、皆さんの体質にハイドロキノンがあっていません。その場合には、ハイドロキノンを使って乳首の黒ずみ対策をするのは避けた方が良いでしょう。簡単にできるので、もし心配であれば事前にパッチテストをするのがオススメです。

薬局で販売されているボディ用クリームで乳首の黒ずみ対策は?

薬局に販売されている商品を見てみると、ボディ用の美白用化粧品というのがいろいろと販売されています。乳首もある意味ボディの一部なので、こちらを使ってケアする方法もあるのではないかと思っている人もいるでしょう。値段もだいたいの商品が1000円前後で販売されているので、手が出しやすいでしょう。リーズナブルな価格で販売されていますが、医薬部外品であるものが多いです。ただしこのようなボディ用の美白化粧品ですが、乳首に特化したものではないのであらかじめ注意しましょう。「美白」と名付けられていますが、イメージとしては全身のスキンケアをするための化粧品と思った方が良いでしょう。夏場日焼けをしたのでそのアフターケアのためといった感じです。黒ずみ対策であれば、わきの下の黒ずみくらいには使用できるかもしれませんが、乳首の黒ずみに使って問題が解消されたと実感することはまずないでしょう。やはり確実に乳首の黒ずみ対策をしたければ、先に紹介しはハイドロキノンの配合された美白クリームを使うのがオススメです。

市販で効果の期待できる乳首黒ずみクリームとは

市販の乳首黒ずみ解消クリーム・ピューレパール

乳首の黒ずみは美容クリニックなどで治療を行っています。しかし通院している時間がないとか、「乳首の黒ずみ解消するためにクリニックを通院するのは恥ずかしい」という人も多いでしょう。その場合には市販の美白クリームを使ってみることです。市販でも効果の高く期待できる美白クリームはありますが、その中でも評判のいいのがピューレパールです。ピューレパールは乳首の黒ずみを解消したい人のために作られた、本格派の美白クリームと言われています。乳首の黒ずみ以外にも、わきの下やデリケートゾーンの黒ずみにも対応しています。複数個所の黒ずみに悩んでいるのであれば、ピューレパール一つあればすべての問題に対処できます。乳首の黒ずみ対策用の美白クリームの中には、結構値の張るものも見られます。しかしピューレパールの場合、コストパフォーマンス的に見てもかなり優れています。「乳首の黒ずみ対策のために美白クリームを購入したい、でもどれを買えばいいのかわからない」という人は、とりあえずピューレパールを購入してみると良いでしょう。

市販の乳首黒ずみ解消クリーム・アットベリー

乳首の黒ずみ解消に関する情報を網羅しているサイトもたくさんあります。その中でも市販で購入できる美白クリームとして人気を集めているのが、アットベリーです。アットベリーは乳首をはじめとして、体の黒ずみを解消できると評判のクリームです。口コミ投稿もたくさんあって、これだけでもいかに多くの人が愛用しているかがうかがえます。賛否両論ありますが、押しなべて効果があったなどの好意的な口コミが中心です。乳首の黒ずみに対して使って、黒ずみが薄くなったという体験談もしばしばみられます。先ほど紹介したピューレパールと同じく、美白クリームの中では比較的リーズナブルな価格で販売されていますので、手を出しやすいのも人気の理由の一つかもしれません。気になる人はお試し感覚で、一度アットベリーを使ってみると良いでしょう。

市販の乳首黒ずみ解消クリーム・ハイドロキノン配合クリーム

ネットでしばしば紹介されている美白クリームの中の一つに、ハイドロキノン配合クリームがあります。濃厚本舗という所の販売している美白クリームです。ハイドロキノンが商品名の通り配合されているのが、最大の売りポイントになります。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と言われているほど、優れた美白効果を持った成分で、皮膚科でシミ消しとして普通に処方されています。高い効果が期待されている半面、副作用のリスクがあったので医師の処方箋がないと処方してもらえませんでした。しかし現在では、濃度2%以下という条件をクリアしていれば、処方箋なしでも市販として購入できるようになっています。濃厚本舗のハイドロキノン配合クリームは、濃度2%以下のハイドロキノンが配合されているので薬局などで購入することが可能です。濃度は低いものの、ハイドロキノンが確実に配合されているので高い美白効果が期待できます。通常の美白クリームと比較して、何十倍という美白効果があると言われています。確実に美白クリームを使って黒ずみ解消したいと思っているのであれば、ハイドロキノン配合クリームがおすすめです。

乳首の黒ずみがコンプレックスに…解消する方法を紹介

軽症の乳首黒ずみであれば食事で対応できるかも

乳首の黒ずみの中でも、それほど重症でないのならセルフケアで十分対処できるかもしれません。例えば食品を使ってケアする方法を試してみると良いでしょう。食品の中でも乳首ケアに効果的と言われているのが、はちみつとヨーグルトです。はちみつには、ビタミンBとC、ミネラルが豊富に含まれています。いずれの栄養分も肌のターンオーバーを促してメラニンを排出することで、乳首の黒ずみを徐々に薄くする効果が期待できます。ヨーグルトには先ほど紹介したビタミンが豊富に含まれています。そのほかにも、乳酸やフルーツ酸が含まれているのがポイントです。いずれもピーリング剤に配合されている成分なので、古くなった角質を取り去ることで黒ずみを徐々に薄くする効果が期待できます。両方とも普段よく口にしている食材なので、副作用の心配がありません。また保湿力にも優れているので、乳首の乾燥対策に効果が期待できます。ただし一部はちみつやヨーグルトに対してアレルギーを持っている人もいます。もし何らかの肌トラブルが起きているようであれば、使用を中断して皮膚科医の診察を受けることです。またこれらの方法は、あくまでもすでにできている黒ずみ対策に効果が期待できます。一方これからの黒ずみ予防のためにメラニン色素の生成を抑制する効果はありません。ですから保湿ケアなど、黒ずみ予防は別のアプローチで対処する必要があります。

中度の乳首黒ずみであれば美白クリームを

軽度の乳首の黒ずみであれば、上で紹介したような食品を使ったアプローチで対処できるかもしれません。しかし中程度の黒ずみになると、この方法では対処しきれない可能性があります。もし中程度の乳首の黒ずみを何とかしたい、食品を使ったケアでも改善が見られないのであれば、美白クリームを使ってみると良いでしょう。美白クリームはドラッグストアなどの実店舗、通販サイトでも数多く販売されています。美白クリームの中には、ただ単に黒ずみを解消するだけでなく、将来黒ずみが起きるのを予防する効果の期待できる商品もあります。厚生労働省ではメラニン色素の生成を抑制する作用のある美白成分をいくつか認可しています。このような成分が含まれているかどうかで、商品選びをすると良いでしょう。ちなみにおすすめの美白成分として、トラネキサム酸とビタミンC誘導体、アルブチンなどがあります。これらの成分の配合されている美白クリームの中から、商品選びをすると良いでしょう。もう一つ美白クリームを購入する際には、低刺激性のものを探すことも大事です。特に肌質の弱い人の場合、ちょっとした刺激でも簡単に肌トラブルが起きるからです。添加物の配合されていない美白クリームであれば、肌の弱い人でも安心して使用できます。また添加物の中でも低刺激性の成分もあります。例えば製品の中には防腐剤を入れることで、長く使用できるようにしているクリームもあります。しかしこの防腐剤は刺激の強いものが多いです。その中でもフェノキシエタノールは防腐効果がある半面、肌への刺激が低いという特性を持っています。フェノキシエタノールが配合されている美白クリームかどうかも選び方のポイントにしてみるといいでしょう。

重度の乳首黒ずみは医療機関で治療

食品や美白クリーム、いずれの方法も実践してみたけれども思っているような効果がなかった、かなり黒ずみが進んでいるのであれば、医療機関で本格的な治療を受けることも検討しましょう。また黒ずみ解消にそれほど時間をかけられないという人も治療がオススメです。日本全国にある美容皮膚科や美容クリニックで、乳首の黒ずみ治療を実施しています。例えばハイドロキノン・トレチノイン治療は塗り薬を塗る治療法で、上で紹介した市販の美白クリームと比較すると、実に60~100倍もの美白効果があると言われています。その他にはレーザー治療を行っているクリニックも見られます。黒ずみのもとであるメラニン色素をレーザーの力で破壊することで黒ずみ解消する方法です。乳首の黒ずみを改善するのに早期効果が期待できます。レーザー治療と言われると、かなり施術中痛みがあるのではないかと思う人もいるでしょう。しかし最近の機種はかなり改善されていて、痛みが少なくなるように設計されているものもあります。特にピコレーザーというレーザー光線を使った機器は、痛みが少なく、照射時間も短いので体への負担を最小限に抑制できます。このように乳首の黒ずみ対策には、いろいろな方法があります。複数試してみて、自分に合った方法を探してみましょう。