卒乳後に乳首の黒ずみが解消しない…どう対策すればいい?

乳首の黒ずみが卒乳後も戻らない理由

妊娠中は乳首が黒く変色する女性は多いです。これは一説によると、乳首を赤ちゃんが認識しやすくするためだといわれています。通常で乳首の黒ずみは卒乳すると、元の色合いに戻るはずです。ところが中には卒乳しているのに、黒ずみがなかなか解消されないという悩みもしばしば聞かれます。その理由としていくつか候補があって、まずはホルモンバランスの変化です。ホルモンバランスが妊娠中は変化するのですが、これがなかなか解消されないことでメラニン色素が通常時よりも活発に分泌されるので黒いままという可能性があります。また母乳で主に育ててきたのであれば、乳首が黒くなりやすいです。これは赤ちゃんが頻繁に乳首に吸い付きますので、それが摩擦になってメラニン色素の分泌を引き起こします。乳首がこすれて傷つくと、これを修復するためにメラニン色素が分泌されます。主に母乳で育てると、乳首に赤ちゃんが吸い付く頻度も多くなるので黒くなりやすいです。そのほかにも赤ちゃんの吸い付く力が強いと、摩擦が強くなって乳首が黒ずみやすくなります。

乳首の黒ずみ対策を卒乳後行うには?

もし卒乳した後で乳首の黒ずみ対策をしたければ、やはり美白クリームを使用するのがおすすめでしょう。石鹸やボディソープの中には、体のあらゆる個所の黒ずみを解消できるような商品もあります。しかし石鹸やボディソープの場合、肌の表面の黒ずみだけを解消するのにとどまります。ですから肌の奥深くにあるメラニン色素を取り除くのには向いていません。美白クリームの中には、肌の奥深くまで浸透できるような成分の配合されている商品もあります。美白クリームを乳首に塗るだけでケアできるので、それほど時間もかからないでしょう。卒乳したくらいの赤ちゃんのいる女性は、子供の面倒を見るのにつきっきりになりがちです。そして空き時間を利用して料理などのほかの家事をこなしていかなくてはならないので、丁寧に乳首ケアをする時間は確保できないでしょう。クリームを塗る程度であれば、1日数分のケアでいいので手軽にできるはずです。

卒乳後の乳首の黒ずみ対策でおすすめの商品は?

乳首の黒ずみに効果の期待できる美白クリームはいろいろと販売されています。その中でもおすすめの商品として、ピューレパールがあります。乳首の黒ずみの美白クリームのランキングを記載しているサイトもいくつかありますが、その中でも1位を獲得することもしばしばで人気の高い商品であることがお分かりになるでしょう。口コミでの評価も上々で、乳首の黒ずみケアの中では知名度も高いので安心して使用できるでしょう。美白クリームに興味があるけれども、敏感肌で市販のクリームを使うと肌トラブルが起きるという女性もいるでしょう。ピューレパールは、添加物を一切配合していないので肌質の弱い人でも安心して使用できます。合成香料や着色料、シリコン、石油系の界面活性剤、紫外線吸収剤のような肌に負担をかける成分は一切含まれていません。ピューレパールはどんなに真っ黒な乳首でも口コミの意見を参考にすると、1か月程度継続して使用すればだいぶ薄くなるといいますから使ってみる価値はあるでしょう。ピューレパールは市販されていないので、公式サイトなどで注文して購入する形になるでしょう。乳首以外にもわきの下やデリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できるといわれていますので、悩んでいる人は使ってみませんか?